診療案内

初めて来院される方へ

■治療の服装

治療の際には、なるべく動きやすい格好でご来院ください。

  • ※出来ればスカートやジーパンは避けてください。場合によっては半ズボンに着替えていただく場合があります。
  • ※テーピングや自費診療の高周波を使用の場合は、患部を妨げるお洋服を脱いでいただくこともございますのでご了承ください。
  • ※各治療ベッドはカーテンで仕切られております。
  • ※ネックレスや貴金属も場合によっては外していただきますのでご了承ください。

■携帯電話について

携帯電話は、高周波治療器が異常をきたす場合がございますので院内では使用しないでください。また他の患者様のご迷惑にならないように、マナーモードに切り替えください。

診療時間

完全予約制

9:00〜13:00 / 16:00〜20:00
(月・火・水・木・金・土)

休診日

日曜日(前日迄の予約制)
 

接骨院とは!?

院長 侮R浩平

整体院とは違い、「柔道整復師」という国家資格を取得しております。柔道整復師とは、昔からほねつぎ接骨師として広く知られ、 大学受験の資格のあるものが3年以上国が認定した学校・大学で専門知識を修得し、国家試験に合格することで取得できる資格です。
資格取得者は、「柔道整復師」として厚生労働大臣免許の下で施術をすることができます。
柔道整復師が施術を提供する接骨院は、公的に認められた機関であります。

当院の方針

院長 侮R浩平

患者様の症状はひとりひとり違うはず。だから当院では診察と診療に十分な時間をあてるため、予約制を行っております。
そして問診を特に大事にしており、患者様の症状をしっかり把握し、ギックリ腰や足首の捻挫だけではなく根本的な改善を1番に考え、施術に取り組んでおります。
姿勢・歩行の分析や骨盤・O脚の矯正、姿勢改善トレーニング、バランスボールを使ったリハビリ、鍼・灸による免疫機能の向上など本当の原因を追求し、 各人に合わせた施術を行い、一刻も早い症状改善に努めさせていただきます。

料金

■ 通常診察

□ 診察料 ¥3,240 (約15〜30分) ¥6,480 (約40〜60分)
□ 初診料 ¥2,160

      * 痛みへの対応をします。腰痛、首肩痛、膝痛など。

      * 初診料は1年以上診療が空くと再度必要です。


■ オプションメニュー

□ ストレッチ・高周波治療 ¥5,400(60分)

      * 10分¥1,000で追加できます。

□ 試合前のケアやリラクゼーション ¥3,240(30分)
□ ハイチャージ疲労回復メニュー ¥4,320 (40分)
□ 酸素カプセル ¥2,700 (60分) ¥1,620 (30分)
    ※ 施術と一緒に利用の場合は ¥2,160 (60分) ¥1,080 (30分)

■ 院長診察

□ 診察料 ¥6,480 (30分) ¥10,800 (60分)

      * 背骨調律・骨合わせ

      * 当院のオススメ看板メニューです。


■ テーピング

□ ギブス固定技術料 ¥2,160(診療と一緒の場合は技術料は要りません)

      * 各自必要なテープをご購入していただけます。余ったテープはお持ち帰りいただけます。


■ 保険診療


  【保険適応診療について】

      当院では不正な保険請求はしないという理念に基づいて質の高い治療を提供する為、保険診療は最短3日間

      通院とさせていただきます。

・1日目 原因症状把握、治療
・2日目 治療、経過観察
・3日目 治療

      治癒の場合今後のアドバイスをさせていただきます。継続して治療が必要な場合は、治癒までの治療プラン

      を患者さまの通院可能頻度をお聞きし、ご相談させていただきます。


  【保険適応療養費について】

・1日目 保険外負担金3,240円+保険自己負担金(1部位あたり700円前後) ※3割負担の場合
・2日目 保険自己負担金のみ(1部位あたり300円前後) ※3割負担の場合
・3日目 保険自己負担金のみ(1部位あたり150円前後) ※3割負担の場合
・4日目以降 保険外負担金1,080円+保険自己負担金

      * 尚、テーピング等の材料費は別途いただきます。

スポーツトレーナー

当院では、怪我の治療だけでなく、スポーツテーピングの指導や筋力トレーニングのやり方も指導しております。

ご要望がありましたら、試合当日の早朝からのテーピングも行います。

また、一般スポーツチームのチームドクター契約・トレーナー活動も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

キネシオテーピング紹介

キネシオテーピング紹介

■自然療法

「キネシオテーピング法」は、自然療法のひとつです。伸縮性のあるテープを痛いところやこっているとことなどに貼って、自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりします。使用するテープは「キネシオテープ法」と呼ばれ、一定の伸縮性と、体にフィットする粘着性があります。このテープの伸縮率は筋肉や皮膚の伸縮率と同じ30〜40%に設計されているので、別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれています。

■体に貼るだけ

処方は体に貼るだけですので、とても簡単です。貼り方が大きなポイントです。コツは、テープは伸ばさず、筋肉(皮膚)の方を伸ばして貼ることです。筋肉の流れと同じ方向にテープを貼ります。これさえ覚えておけばOK。テープのサイズは色々あり、切り込みの入っているものもあるので、体のどの部分にでも使えます。幅広タイプにハサミを入れてもかまいません。ちょっと慣れれば、誰にでも簡単に貼ることができます。背中などの手がまわらない所でなければ、人の手を借りなくても一人で大丈夫です。

■「キネシオテーピング法」の用途はとっても広い

「キネシオテーピング法」はシンプルなので、誰でも気軽に行えます。整形外科やカイロプラクティックなどの治療現場だけではなく、幅広い分野で使われています。例えばスポーツシーンでは、各スポーツによって酷使する筋肉があるので、それらの故障の予防に使われたり、体内の活性化を促し記録更新を狙うことにも利用されています。現在、プロ・アマを問わず、沢山のスポーツ選手の方が愛用されています。一般家庭では、ちょっとした肩こりや腰痛など、普段の生活をよりよくするために、気軽に利用されています。普通の薬局にも売っているので、簡単に入手出来ます。そして、面白いところでは、ダイエットに使って効果を上げている人もいるとか?!  これからますます、使われるシーンも、その用途も広がって行くでしょう。

ページ上に戻る