ケース説明 足でお困りの方

足の症状は、姿勢や歩き方の影響が大きいため、当院では足医学をもとに歩行分析やインソールをメインに処置します。

外反母趾

外反母趾がなぜ起こるのか? あなたはウオノメ・タコはありませんか?原因と対処法を説明します。

原因

外反母趾とは、足の親指が外側に曲がってしまう疾患です。

主な原因は、ハイヒールやサイズの合っていない靴を履いていたり、過度の運動や、足の裏の筋力が低下するなどの影響があります。

現代社会は、裸足の生活が少ないため、ハイヒールを履かない方でも足の裏の筋力低下からくる外反母趾、またはそれの予備軍の方が非常に多いです。

症状
  • 足の指のつけ根の痛み・熱感 など
  • 歩行困難・歩く際の痛み
  • 運動制限・足の指の筋力低下・足の指のグーパーができない など
対処法
  • 足の指が大事なので、指を1本ずつストレッチしましょう。
  • 足のグーパーの体操も有効です。足でジャンケンをするような感じです。
  • 床に置いたタオルを足で手繰り寄せるのも有効です。
当院での処置

足の裏の筋肉を緩めて柔軟にします。(ふくらはぎも)

当院での処置

テーピングにて正しい向きに矯正します。

当院での処置

歩き方と姿勢を正しくすることが大事です。

当院での処置

インソールを使います。

当院での処置

足底腱膜炎

足底、すなわち足の裏にある腱膜の炎症で、歩いたときの踵の痛みが主な症状です。

原因

主にスポーツで多い疾患です。オーバーユース(使いすぎ)や足首の関節の硬さ、筋肉の柔軟性の低下、また靴のサイズが合っていないことも原因のひとつです。

症状
  • 足裏の痛み・歩行痛・熱感など
  • 更に酷使しすぎると骨膜炎などを併発する恐れがあります。
対処法
  • 自宅ではお風呂上りに青竹を踏んだり、ゴルフボールで足裏の筋肉をほぐしてやることがよいです。
    また足首と股関節のストレッチを充分に行いましょう。
当院での処置

足底から、ふくらはぎの筋肉を緩めます。

当院での処置

テーピングにて矯正や筋肉の保護を行います。

当院での処置

歩き方と姿勢のチェックをします。

当院での処置

歩き方の矯正と運動の衝撃を軽減させるため、インソールを使用します。

当院での処置

アキレス腱炎

ふくらはぎの筋肉とかかとを結ぶ丈夫な腱であるアキレス腱が、炎症を起こした状態です。

原因

スポーツ選手に多い疾患で、特にジャンプ競技、バレーボール、バスケットボールに多いです。

オーバーユース(使いすぎ)や、筋肉・関節の柔軟性の低下、また着地時の足の衝撃も営業します。

症状
  • アキレス腱の痛み・熱感・屈伸時痛
  • 歩行・ジャンプが困難となり運動の制限がある。
対処法
  • ふくらはぎと足間接の柔軟体操
  • お風呂上りの青竹踏みやゴルフボールなどで足底筋を緩める。
当院での処置

足底から、ふくらはぎの筋肉を緩めます。

当院での処置

テーピングにて筋肉の保護を行います。

当院での処置

サイバーウェーブで患部の痛みの緩和と筋肉の柔軟性を促します。

当院での処置

歩き方と姿勢のチェックをします。

当院での処置

歩き方の矯正と運動の衝撃を軽減させるため、インソールを使います。

当院での処置
さきやま接骨院
ページ上に戻る